男性看護師の転職・求人

男性保健師の転職

投稿日:

男性保健師とは

僕は学生時代保健師になりたかったんですよね。
病院実習が嫌すぎて…。

そもそも医療に燃える男として看護師を選んだわけではなく、

「手に職をつけるところじゃないと金は出さん!」

という親父の謎の方針によって選んだ看護師だったので、働いているナースのみなさんや他の実習生とモチベーションが違うのは当たり前です。

しかもガンガン怒られたりする実習ですから、気持ち折れてました。
大体折れるんです。病院実習なんてね。

そんなとき保健所実習は救いでしたよね。楽しそうで、穏やかで。
自転車での外回りも気持ち良かった。

そんなわけで男性保健師になりたかったんです。
まぁ、保健師学校落ちたんですけどね…

さて、最近は看護大学が増えてきてストレートに助産師や保健師の資格を取得した人も増えてきているでしょう。男性は(今のところ)助産師にはなれませんから必然的に保健師オンリーになります。

さて、その保健師ですが実に就職が難しい。
だって、保健所に必要な保健師は少数ですし、定年まで辞めませんからね。

男性保健師として就職を考えている人は早くからの就職活動が必要になってきます。

保健師として働きたいなら

男性保健師の転職はもっと難しい

男性保健師の就職が難しいんですから転職はもっと難しくなっています。
が、あながち可能性がないわけではありません。

というのも、「地域包括支援センター」などは保健師が必須な場所ですし、これからは高齢者や慢性期疾患を持った患者さんが地域へ出てくる時代ですので保健師としての活躍の場がドンドン増えてくるだろうと予測できるからです。

しかし、注意しておく点は福祉分野はブラックなところもあるということ!

つまり、事前の情報収集がネックになってきます。

就職前から情報収集なんて出来るのか?

と思われるかもしれませんが、可能です。看護師転職サイトは実は保健師の転職も扱っています。
「ナースバンク」や「ハローワーク」では内部調査なんてしてませんが、転職サイトはしっかりやってるんですよね。

というのも、転職サイトというのは

会員を獲得する→各事業所に売り込む→紹介料を事業省から貰う

という方法で儲けていますので、会員数の獲得がまずは必須なわけです。当然、登録や利用は無料ですし、色々な情報を集めて他と差別化をはかっていきます。そのひとつが内部情報の提供で、転職後アンケートや口コミによって内部情報を集め、ユーザーに提供するというサービスを行っているわけです。

男性保健師として働きたいなら、転職サイトを利用しましょう。
募集は多くありませんから、いち早く情報をゲットする方が後で楽になります。オススメは【MCナースネット】です。【MCナースネット】は企業など保健師の転職にも特に力を入れて運営されていますから、ぜひ登録してみて下さい。

転職はいつもどうしてるのですか?という問い合わせが多いので、これを回答にさせていただきます

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

MCナースネット

第1位の「看護のお仕事」で充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。
在宅系に強いので「バイト探し」なら1位を上回ります

-男性看護師の転職・求人

Copyright© 男性看護師の転職事情〜男性看護師ここだけの話! , 2018 All Rights Reserved.