男性看護師で良かったこと

男性看護師のメリット

更新日:

男性看護師のメリットってなに?

男性看護師のメリット

一口に男性看護師のメリットといっても2つあります。

・男性看護師を続けることのメリット
・職場に男性看護師がいることのメリット

ひとつずつ見ていきましょう。

男性看護師を続けることのメリットとしては

・不景気な今だからこそ安定収入を得られる。
・選ばなければ仕事はある(転職しやすい)。
・社会的に信用される。
・女性に囲まれて仕事が出来る。
・女性の心理に詳しくなる。

不景気であればあるほど、安定しているのが看護師などの医療職ですよね。
不景気だからと言って病気や怪我がなくなるわけはありませんから。

常日頃高い給料をもらっている同じ年代の人達はある日突然リストラに会う可能性だってあるわけです。それに比べると男性看護師はかなり安定していると言えます。

また、看護師の仕事は社会的信用もあります。ローン審査なども通りやすいですし、恋人の親などに紹介されても「偉いわねぇ」ということになるでしょう。
公務員ではありませんが、堅実す。

これらメリットの根本にあるのが、職種としての安定感ですね。
多少の転職くらいなら全然問題なく食べていけます。

もちろん、女性の中で働くことでモテるということもメリットでしょう(笑)。
看護師(女性)は忙しいですので、意外と出会いがありません。院内で見つけるケースも多くあります。
あとは女性同士の会話を聞くことで女性の心理に詳しくなれます。特にどんな風に男性を見ているか。夫や恋人についての愚痴などは今後の自分に活きてくることは間違いありません。

職場に男性看護師がいることのメリット

・女性社会の嫌な部分が出にくい
・力仕事を頼める
・機械に強い。
・安心感がある
・体力

職場に男性看護師がいると、ナースステーションの雰囲気が変わります。女子高と共学の違いを考えてもらえばよくわかると思います。男子校と共学でも違いますもんね。
異性に対する恥じらいがあると、お互い良い遠慮が生まれ、風通しが良くなります。

多くの男性は女性より力持ちです。患者さんのトランスファーだけでなく、病棟にもさまざまな力仕事はあります。物品が運び込まれたり、ナースステーションの棚の移動なども男性看護師がいるとずいぶん違います。

機械と言ってもレスピレーターなどの医療機器だけでなく、電子カルテをインストールしているパソコンやプリンターの配線や、蛍光灯の取り換えなど、細々としたところで男性看護師は活躍します。特にパソコン関係では心強い味方です。

最近はクレームを言う患者さんも多くおられますし、慣れない環境で夜間せん妄が出る高齢者の方もおられます。
対応するのが女性だと上手くいかないケース(俗な言い方をすれば舐められる)も男性が対応するだけで穏やかに処理できたりします。

一概には言えませんが、男性は女性よりも体力があります。インフルエンザの流行などで他のナースが休まざるを得ない状況になった時、男性看護師は連勤にも耐えるでしょう。

まとめ

男性看護師のメリットとは何かという点で、僕が思いつく限り列記してみました。
もちろんデメリットも存在しますが、元々社会では女性ばかりのチーム、男性ばかりのチームというのはバランスがよくありません。意見の偏りがでてしまうからです。

これからはQOLの時代ですから、男性看護師と女性看護師の協力体勢の元、やっていくべきではないでしょうか。

 

転職はいつもどうしてるのですか?という問い合わせが多いので、これを回答にさせていただきます

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

MCナースネット

第1位の「看護のお仕事」で充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。
在宅系に強いので「バイト探し」なら1位を上回ります

-男性看護師で良かったこと
-, ,

Copyright© 男性看護師の転職事情〜男性看護師ここだけの話! , 2018 All Rights Reserved.