男性看護師の転職・求人

男性看護師が介護施設に転職した結果

更新日:

男性看護師は介護施設に転職できるか?

僕は今、介護施設で働いているわけですが、研修などに行っても介護施設で働く男性看護師をあまり見ません。でも、僕としてはこれで落ち着いたなぁという感じがしています。

はっきり言ってかなり心地いいです。

看護師としてのスキルを磨けるか?と言われたら微妙ですし、先端の医療に触れることはまずありませんが、僕のようなあまり頑張りたくない看護師には最適ですね(笑)。

何しろ給料がそこそこ良くて夜勤なしなのが最高。
面接の段階からオーナーに好かれたのが大きかったと思います。

介護施設の看護師と言えば、第二の人生的な看護師が多くいます。
一線を退いて子育ても落ち着いたので働こうかな?的な。

そういう人たちはやっぱりすぐ辞めがちなんですよね。だって、旦那さんの給料が安定していれば無理に働かなくていいわけですから。あと、そういう環境だと様々な家庭の事情(家族の病気や転勤などなど)で辞めることも多いです。

その点、男性ならどうでしょうか?経営者サイドで考えてみたら良いと思いませんか?
だから面接の時点で言われました。

「看護師さんがコロコロ代わって困っているんだ。もし君が腰を入れてここで働いてくれるなら、給料面も悪いようにはしない。もちろんこれは内緒にな」

→キタコレ!

病院ではあり得ないことですよね。介護施設のオーナーは古い考えの方もいます。また、看護師不足で困っていることも影響しているのかもしれません。いずれにせよ、これは男性看護師が介護施設で働くメリットとして大きいです。
(ちなみに僕の年収はここに書いています→男性看護師の年収(証拠画像あり)

もちろん、業務内容がキツかったら考えるとこでしたが、ぶっちゃけた話、結構楽。
というと語弊があるかもしれませんね。
言い方を変えれば現場仕事から少し管理的な仕事にシフトした感じなんですよね。保健師的役割というか。デスクワークが増えたっていうか。
だから肉体的にすごく楽です。病棟のように時間に追われることもほとんどありません。

男性看護師で介護施設に勤める場合、給料面が心配なら
「家庭を持ちたい」
「家庭がある」
→ある程度の給料は欲しい

的な感じでそれとなくきいてみたら良いと思います。転職サイトなどを使うなら担当者が代わりにきいてくれますから、きいてもらいましょう。

介護施設に転職するならここがオススメ

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

MCナースネット

第1位の「看護のお仕事」で充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。
在宅系に強いので「バイト探し」なら1位を上回ります

ただ、代償として腰を落ち着けて働く約束になるでしょうけど…。

介護施設看護師の業務内容

介護施設ではどんな業務があるのか、ざっと挙げていきます。

処置
・採血(多くても3件/日くらい)
・DIV(多くても3件/日くらい)※ただし、インフルエンザなどが流行した場合は別。高齢者はすぐ経口摂取に影響が出るので輸液に頼ることが多い。
・GE・摘便(腹圧がかけられない人が多いので結構多い。5〜8件/日くらい)
・導尿(2件/週くらい)
・膀洗(平均すると4件/日くらい)※カテーテル管理をしているDr.の意向による。
・配薬

指導教育的役割など
・指導(保清や体交について介護士へ指導する)
・熱発時の対応(管理医師の指示のもと採血や補液。あとは介護スタッフに頓用座薬の使い方などを指導)
・急変時の対応(その場でCPRしたり、SUしたり、ハイムリックしたり、QQ車に乗っていったり。でも1年に1回あるかないか)
・受診の付き添い(病院受診の付き添いは相談員さんと分業で。ドライバーさんに送ってもらう)
・職員の健康診断(2回/年あって、採血やECG・オージオの計画と報告書作成。数が多いのでそれなりに時間がかかる)

業務内容とは違いますが、介護施設は色んな疾患を持った人がきますので、それぞれの疾患について勉強したりも大切です。
管理医師にきいたり、ネットで調べたり、広く浅く知識を取り入れる感じです。
最先端の医療技術に直接関わることはないですが、受診の付き添いなどで間接的に関わりますので、知識が古くなることはないです。

男性看護師が介護施設で働くメリット

出世街道から外れたダメダメ看護師(しかも男)の僕としては、介護施設で働くメリットは大きいです。
病院で勤めていたら、いつまでも夜勤しながら現場を走り回っていた筈で、若い頃はいいとしても段々キツくなってくるでしょう。

そこから抜け出せただけでも十分。
定年までゆったり働けそうです。
(ゆったりといっても病院と比べてですけど)

あと、介護スタッフには男性も多いので友達も出来ます。仲間が出来るっていうのはいいですよね。

ぶっちゃけたところ、保健師的な仕事・指導的な仕事っていうのは男性看護師としてのプライド的にも満足できるんでしょうね。
頼られるし、病院みたいにナースの顔色を見ながら働くってことがないし。そういう面もあると自覚はしています。
その分、ちゃんとやらなきゃですけどね。

男性看護師が介護施設で働くのもいいもんですよというお話でした。

転職はいつもどうしてるのですか?という問い合わせが多いので、これを回答にさせていただきます

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

MCナースネット

第1位の「看護のお仕事」で充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。
在宅系に強いので「バイト探し」なら1位を上回ります

-男性看護師の転職・求人
-, , ,

Copyright© 男性看護師の転職事情〜男性看護師ここだけの話! , 2018 All Rights Reserved.