男性看護師の転職・求人

精神科の男性看護師が転職する時の注意

更新日:

精神科の男性看護師が整形外科へ転職した話

僕のキャリアのスタートは総合病院の精神科だったわけですが、精神科ですから男性看護師の数も他の科に比べると多い方でした。
でも、それでも4人くらい。

男性看護師の先輩たちはみんな精神科のプロという感じで、

・傾聴の仕方
・パーソナル障害の患者さんとの接し方(特に境界例)
・統合失調症の患者さんとの接し方
・躁うつ病の患者さんとの接し方
・不穏な患者さんを安全に保護室に誘導する方法
などなど

様々なことを教えてもらいました。

ある時、先輩が一人転職することになりました。
「精神科以外のこともやってみたい」ということで、大きめの病院の整形外科に転職が決まったのですが、なかなか大変だったようで、結局そこは長続きしませんでした。

整形外科と言えば力仕事が多そうなイメージで、男性にはピッタリに思われるかもしれませんが、ネックになることがあります。

・患者さんの意識レベルはクリアーであること。
・患者さんに若い人も多いこと。

女性のUB(陰部洗浄)なんかは出来ません。
女性の清拭も出来ません。
女性の入浴介助やトイレ介助が出来ません。
女性の導尿やバルン挿入もダメでしょう。

→そうなると、仕事は半分しかできないことになります。
しかし、先輩はそんなことお構いなしに頑張りました。

→患者さん達の心のケアを!

当然、同僚の女性ナースからは文句が出てきます。
しかし、先輩は譲りませんでした。

→心のケアの大切さを!

一般化では患者さんの不定愁訴を聞いたりすることを業務としてみてもらえないところがあります。
「部屋に入り込んで喋ってるだけ」
とか言われちゃったりします。
それだけ処置や業務が忙しいということですよね。本当は訴えを聞くのも大事なことなんですけどね。

さて、そうなってくると女性ナースと先輩の闘いは激化していきます。
Psy科で一緒に働いている時は尊敬できる先輩だったのですが、ちょっと意地になったりもしてたんでしょう。
この時ばかりは女性ナースのみなさんに分があるように思います。

だって、整形外科の患者さんは心を治しに入院してるわけじゃないですから

ちょっと、その辺を考慮して業務を手伝いつつ、訴えを聞く大切さを啓蒙していけば良かったのかもしれません。
結局、その先輩はそこを1年ほどで辞めてしまいました。
一度崩れた人間関係はなかなか修復が難しいですからね。

この教訓を活かして、今は脳外で上手くやっているようです。

「精神科の男性看護師が一般化に行くときは気をつけましょう」というお話でした。

転職はいつもどうしてるのですか?という問い合わせが多いので、これを回答にさせていただきます

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

MCナースネット

第1位の「看護のお仕事」で充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。
在宅系に強いので「バイト探し」なら1位を上回ります

-男性看護師の転職・求人
-, ,

Copyright© 男性看護師の転職事情〜男性看護師ここだけの話! , 2018 All Rights Reserved.