男性看護師の転職について

男性看護師の転職なら
【第1位】オールラウンドならここ
「看護のお仕事」公式
【第2位】日勤のみや施設系ならここ
「MCナースネット」公式

 

男性看護師が転職を考える時

看護師は給料がいいなんて言われていますが、それほどでもありません。
初任給などは同年代の人よりもいいのですが、そっから伸び悩みます

なぜなら看護師の世界は役職が少ないから。

周りの友達が、係長や課長などにどんどん出世していくなかで、看護師は主任・副師長、師長を目指すしか道はありません。それまでは病棟を駈けずり回らないといけないわけです。

もちろん出世コースに乗れる人には何の問題もないわけですが、各病棟に1人の枠を狙う出世競争は中々厳しいものがあります。
大きな病院だと、副師長以上になるのに試験や研修なんかもあるわけですが、実力だけでは合格しません。嫌な話ですが、病院側に媚を売るようなこともしなくてはなりません。病院側にしたら楯突くような人間は嫌ですもんね。

でも、病院側に媚を売るということは時として現場の看護師達の敵にならないといけないということなんです。
良くも悪くも目立ちすぎる男性看護師ですから、スキルも人格もよほど出来た人じゃないと反感を買うでしょう。
一度反感を買ったらどうなるか…。

まぁ、どっちにしろ僕のように転職を繰り返しちゃったような人間にはかなり厳しいところですね(笑)。

つまり、出世をしない方向になってくると、必ずしも給料面が良いというわけではなくなってきます。加えて、女性社会の中でやっていく心労もある。当然ながら、医療職としての苦労ある。

それならいっそ病院以外で働いちゃえ!というのが僕の結論でした。これが案外イケたんですよね。
ま、これは僕の場合ですが、そうでなくても今の環境が納得できないなら思い切って転職をオススメします。

満足できない環境で我慢して働いていてもいいことなんてありません。
我慢して働いて愚痴ばっかりこぼすような人生がいいわけないですもん(もちろん、出世する見込みがあるなら別ですよ!)。
さっきも書きましたがぶっちゃけた話、出世しないとなるとどこへ行ってもそんなに給料が変わらないわけですよ。

それなら良い環境で働いたほうがいいに決まってますし、しっかりと情報を集めれば給料アップだって十分狙えます。

今は看護師専門の転職サイトがたくさんありますが、その中でも僕が使ったこの二つは男性看護師のみなさんにも安心してオススメできます。

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。
しかも、最大12万円の転職お祝い金まで貰えるので言うことありません。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

第2位MCナースネット

1位のナースではたらこで充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。

男性看護師が転職する時の唯一無二のメリット

男性看護師のメリット

転職を考えている男性看護師のみなさん。どんな男性看護師にも言えることですが、

食いっぱぐれることはない

これだけは覚えておいて下さい。看護師資格は本当に大きいです。
当たり前のことですが、これを頭に入れておかないと臆病になりすぎます。

今は不景気ですから営業職の人が次を探すのは大変だったりしますが、なんといっても看護師は専門職。選ばなければどこにでも転職できます。
給料が伸び悩むとは言え、普通に暮らす分では何不自由ないレベルの給料は貰えます。

一般企業に勤めている人に比べたらかなりの好条件なんです。だから思い切って転職してみるのはありだと思います。
今時一つの病院に勤めていても得するとは限りませんからね。

実際、僕はうろうろした挙句に男性看護師として介護施設へ転職しましたが、給料的に病院に居た頃とそれほど変わっていません。

そうなんです。病院の外に出ることも全然可能なんです。
男性看護師になったけどやっぱ向いてないわ~と思った人は是非試してください
看護師資格を使って病院以外に転職することも全然可能です。そこでは病院とは全然違う世界が広がってるんですから。

ただ、そうなるためにはある程度の修行が必要で、例えば採血は大体出来るとか、バイタルの異常がわかるとか、簡単にいえば1~2年くらい病院で我慢して働くことが大事になってきます。
よく新人は2年は我慢しなさい。なんて言いますが本当にその通りです。

外科に憧れて入ったものの、「予想外に自分が不器用で、予想以上に外科ナース達が怖かった。」みたいな君も2年を目安に我慢して働きましょう。

2年働けば看護師の資格は本当の翼になってくれますよ!!
マジでどこにでも転職先は見つかります。

一度看護師を辞めて普通に働いてみたことがあるんですが、マジで社会は本当に厳しいです。全然稼げません。
僕が今まで男性看護師として曲がりなりにもやってきて言える唯一のこと。

資格は使った方がいい

これにつきます。

転職の前に男性看護師の数を見てみよう

男性看護師も昔に比べたら増えてきたとは言え、まだまだ少数です。

厚生労働省によると

H26年度で見ると
正看護師:約108万人中、男性は約7万4千人
准看護師:約34万人中、男性は約2万3千人

全看護師:約142万人中、男性は9万6000人

平成 26 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況

計算すると

男性看護師の割合はたったの約6%なんです。

つまり、看護師の業界は今も完全な女性社会。少数派の僕たちがチヤホヤされるかと言えばそうではなく、同僚になれば異性として見てもらえません。

その代わり異物として見てもらえます。

そのおかげで口に出しては言えない苦労が数えきれないほどあります。

・女性ならではの陰口合戦に巻き込まれ、
・女性ならではのグループ闘争の間でウロウロし、
・無視などの攻撃をくらい
・ヒステリーに右往左往しています。

もちろんそうでない人もいるわけですが、集団になるとどうしてもこうなってきます。
そのせいもあって(?)僕はいくつもの病院を転職し最終的には介護施設に落ち着きました。

男性看護師にオススメ転職サイト

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。
しかも、最大12万円の転職お祝い金まで貰えるので言うことありません。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

第2位MCナースネット

1位のナースではたらこで充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。

男性看護師の転職理由「人間関係」

強いグループがあったとして、じゃあ、そっちにつけばいいじゃないか!と思う人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。なぜならグループのパワーバランスというのは必ず崩れるからです。

看護師の人間関係はいつだって戦国時代なんですよ!

・中心人物の転科や辞職
・中心人物の失脚

こんなことはしょっちゅうです。
つまり、どちらかに肩入れしていると立場が逆転した時に痛い目を見るのがわかってるわけで、どっちつかずになるのは当然です。

あと、どのグループにも入る理由がないというのも大きな理由としてあります。なぜならグループの生まれ方が男性看護師の僕にはどうにも理解し難い女性特有の感性から起こっているからです。

例えば

「いつも前向きすぎて鬱陶しい」

みたいな理由をどう納得すればいいんでしょうか?別に悪いことじゃないし、そりゃ多少は暑苦しいかもしれませんが、無視したり嫌ったりするほどの話でしょうか?僕には理解できません。

もう一つ真面目な理由を書くと、

グループ闘争が業務にも影響するから

これもどっちつかずになっている大きな理由でもあります。カンファレンスなどで意見を言い合う時に、同じグループの人は同じ意見で推してきます。お前らは政党か!みたいな感じです。こうなってくるとカンファレンスの結果はそのままグループの力の差によって決まってきます。

グループ闘争が熾烈になってくると、もっと危険なことも出てきます。
「申し送りの大事なことを敢えて伝えない」なんてこともあります。やった方はあとで「ざまぁ」って感じなのかもしれませんが、これは患者さんに繋がることですから絶対やってはなりませんよね。

そんなこんなで

男として納得出来ない。

そこにツッコミを入れるほど勇気がない。

どっちつかずでいよう。

というこの黄金の流れが完成するんです。でもこれはこれでツラいことなんですよね。
好きでやってるわけじゃないんですから…。
心のなかにストレスだって溜まるわけです。こうやって居場所のなくなった男性看護師が転職を考えるのも不思議じゃないと思いませんか?

男性看護師の転職先は?

男性看護師の転職先として有名なところでは

・精神科◎
・オペ室◎
・ICU◎
・脳外科◎
・救急外来(ER)◎
・泌尿器科◎
・透析室◎
・整形外科?
・小児科?
・介護施設◎

があります。

精神科は昔から男性看護師の多いところですよね。不穏の患者さんの対応などがありますから今でも多くの男性看護師が働いていますし、精神科から精神科へ転職される方も大勢います。
精神科に長く勤めていると良くも悪くも一般化には移りにくくなる傾向は昔も今も変わりません。

また、オペ室やICU、脳外科、救急外来などは緊急性の高い患者さんを看る場所で、「恥ずかしい」などとは言ってられない場所です。逆を言えば、「男性の看護師さんだと恥ずかしい…」と言われちゃうような場所は男性看護師の転職先として難しいということです。とういうのも清拭や導尿、入浴介助などでいちいち断られているとケアが出来なくなっちゃうからですね。
というわけで、オペ室やICU、脳外科、救急外来などが転職先として挙がってくるわけですが、当然のように忙しいですし、厳しいところです。
はい。単に僕には無理だろうなというだけの話なんですけどね(笑)。

泌尿器科や透析室にも男性看護師は多いです。
ひとりぼっちよりは仲間がいた方がいいわけで、転職先としてはいい感じですね。僕の先輩も何人かウロ科で働いています。急性期だから泌尿器科で男性看護師が多いという意見をよく見ますが、それなら外科は全部該当しますので、それが理由ではないでしょう。
一つは、前立腺という男性特有の臓器があることで、泌尿器科の患者さんは男性が多い。また男性患者が女性看護師にしてもうにしては泌尿器科の処置は恥ずかしすぎるから(導尿とか)というのもあるんだと思います。

整形外科は力仕事なので男性看護師が働きやすいなんていうことはよく目にするんですが本当なんでしょうか?
内臓疾患じゃない分、女性患者さんの羞恥心は半端ないので結構難しいという話を聞きます。なので転職先としては?ですね。
どういったオペを中心にしているのかっていうのが問題なのかもしれません。

小児科にも男性看護師は必要だと言われています。いわゆる父性の役割ですね。患者さんも小児だと羞恥心の問題もそれほどありません。ただ、思春期の患者さんが来たら大変ややこしいことは想像に難くないです。
そういう意味では男性看護師には結構難しい職場だと思うんですが、「僕、小児科やりたいんですよね」っていう人が多いのもまた事実です。

最後に、介護施設系というのは転職先としてオススメです。男性看護師は少ないかもしれませんが、介護士さんに男性がいたりしますから全く問題ありません。僕も介護施設に勤めていますし。
ただ、介護施設によっては薄給だったり、ブラックだったりするので、その辺の見極めはしっかりやらないまずいです。まずいですが、いい施設に転職できればかなり楽に仕事ができます(病院よりは、ですが)。

男性看護師にオススメ転職サイトをみる

ところで男性看護師はモテるの?

最後に

適当なことを言っとりますが、このブログが少しでも「男性看護師のみなさん」はたまた「男性看護師になりたいみなさん」の参考になれば。

Q次郎 拝

転職はいつもどうしてるのですか?という問い合わせが多いので、これを回答にさせていただきます

第1位看護のお仕事

看護のお仕事は「サービス満足度」「担当者対応満足度」「友達に勧めたいランキング」の3つで№1の三冠を獲った老舗有名サイトです。
24時間の電話対応が交代勤務の看護師には嬉しい。
また、無理な転職を勧めることのない担当者の対応は本当に素晴らしいです。
しかも、最大12万円の転職お祝い金まで貰えるので言うことありません。

男性看護師の気持ちもわかってくれて親身に対応してくれたので、転職する時は結構使っています。
(もう転職したくないけど…笑)。
もちろん、女性看護師にもオススメ

第2位MCナースネット

1位のナースではたらこで充分なのですが、もう一つ挙げるとすればここ。病院以外の求人情報の鮮度がいいです(特に夜勤なし)。

公開日:
最終更新日:2017/07/21